「江戸の長者番付」菅野俊輔 著

江戸時代の主な職業の年収を、現代価格に換算して興味深く並べ直した本である。
ここでは金1両=米1石=約16万2000円という換算率を用いている。また金1両=金4分=金16朱=銀60匁=4分銀=銭6500文としている。
私の本『江戸の日本刀』では金1両は40万円としている。何と比較するかで異なるが私は収入ベースを元にした日銀資料を用いている。また金銀の換算率は同じだが、銭は1両=6貫文=5760文としている。

ここでは長者番付として、給料の高いと思われる征夷大将軍、前田家当主、町奉行大岡越前守、火付盗賊改の長谷川平蔵、商人では三井越後屋、銀座の特権職人の大黒家、それから歌舞伎役者、大奥、吉原の花魁、医者、僧侶などをまずはじめに試算している。
将軍、大名はこの収入から多くの家人の給料を払うから比較しにくいが、大岡越前は2億2200万円、長谷川平蔵が1億230万円、三代目中村歌右衛門が1億7800万円、杉田玄白が2270万円と推測している。

長者ではなく、下層の方では、武士の家僕が約93万円、大工職人は約428万円、田んぼ1町と畑5反の農家は約661万円などと算出している。

また身分を売る代金は、同心が金400両、与力が1000両、御徒で700両と出ている。

芝居の代金は、桟敷が4.5万円、枡席の高土間は3.5万円、平土間は2.1万円と算出している。演目によって違ったとある。

駕籠かきの給料は約170万程度で、代々の家はこれに140万円くらいの加給があったそうである。

江戸の各大名家の留守居役の交際費の高さはなるほどと思う。もちろん大藩の方が多いが、薩摩藩、肥後藩クラスだと1000両、下は200石くらいまである。この留守居役の給料は200石から300石程度だと、莫大な交際費であることがわかる。

こんな感じで算出されている本である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック