「刀の日本史」 加来耕三 著

著者は武道に造詣が深いとのことで、武器、武術の変遷にからめて、日本刀のことを記している。その為に一般的な日本刀愛好家が読むと違和感も感じるところがある。ただこのような視点があっても良いわけであり、それは参考になるところもある。有名な人が持っていて愛称がついた名刀のことも多く書いている。これは刀剣乱舞のゲームから生まれた「刀剣女子」を意識しているのかもしれない。

大きく5章に分かれているが、古刀期までの話が大半である。「1章 神話と考古学の刀剣」は、日本刀の起源を神話や考古学から述べているが、神話がからむと妥当かどうかはわからないし、今の日本刀(鎬作り)とは別の剣の世界である。

「2章 日本刀の黎明期」は奈良時代、平安時代中期までのことが書かれている。ここでも聖徳太子の丙子椒林剣や小烏丸、壺切御剣のことなど上古刀のことを書いている。この章では僧兵のことにも触れているが、この役割、実態を調べることは重要だと思う。

「3章 日本刀の誕生」からが俗に言う日本刀の話だが、平安時代後期から鎌倉時代については軍記物語などを引用して説明している。そこに愛称がついて伝来している名刀「骨喰藤四郎」、「三日月宗近」、「小龍景光」にまつわる物語を挿入して、興味をひくように書いている。この中では武者同士の戦闘のあり方が書いてあるが、ここも正しく理解しておきたいところだ。自分の先祖を麗々しく大音声で言い合ってからの戦闘とは何だったのかを改めて研究する必要がある。
また中国の武器、戦闘法にも少し言及しているが、倭寇のことと同様に、もう少し調べたいところだ。室町期において剣術諸流派が勃興してきた理由なども、著者が古武道に親しんでいるだけに触れているが、今後調べていく分野だと思う。

「4章 日本刀の真実」でも、異称がつく名刀の物語が多い。私がはじめて知る物語もあり、それなりに興味深いところもある。

最後の「5章 日本刀の宿命」は鑑定のこと、それによって美術的価値重視になってきたことを書いている。著者は武道家だけに、少し批判的というか諦観が出ている。

武道家の著者だけに、武術の話が面白いところもある。真剣での斬り合いになった時はどうしても間合いが遠くなる。そのために、「刀は鋒ではなく、鐔で相手を切る」気持ちが大事との柳生宗厳の言葉を引用しているが、この通りだと思う。「肉を切らして骨を切れ」というのも同じことなのだろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

まあちゃん
2017年02月02日 19:24
知人に日本刀とその鞘の作りなどを愛するかたが居て、試みお、就寝時の安眠のために刀の鍔を抱いて寝る男がいますよ、と話したら絶句していました。さらに、その鍔が時価で100万円するぐらいのものと言いましたら、「それはすごいクラスの鍔だ」とか
言うので、「朝起きた時に鍔を背中に敷いていたら最高」と、ブログのセリフを伝えたら、彼はじっと無言。どうやら、「鍔」と「妻」を聞き違えたようです。

この記事へのトラックバック