「井伊一族 直虎・直政・直弼」 相川司 著

新撰組や、戦国武将のことを書き、相川歴史学とでも言うべき新しい視点を提供してくれている相川司氏の新著である。相川歴史学の特徴は、中世の身分意識(家格意識)、中世の地理感覚を織り込んでいることである。
今回の著作は、来年のNHKの大河ドラマが「井伊直虎」だから、出版社に頼まれたのだと思うが、時流に乗っただけの出版ではない。井伊家の長い歴史を検証しながら辿る内容である。

著者も井伊家は千年にわたって系図が残る家として希有な存在と書いているが、確かに凄いものである。天皇家、出雲大社家を除くと島津家などが長い方で、他の名家は戦国成金が大半だ。
井伊家に関しては、南朝方に与した歴史を明らかにして、徳川家(新田につながる)との関係を新しい視点で書いている。

相川氏は、これまでの著書においても、室町幕府は京都(御所で室町殿として畿内・西国統治)と東国(鎌倉公方、後に分裂)の2元統治体制だっと教えてくれるが、西国の東の端が駿河今川氏で、京都方からの東国監視の役目も今川氏が果たしていたと書く。伊豆堀越公方がおかしな動きをしたから、今川の客分の伊勢新九郎(北条早雲)が関東に侵略したわけだ。その結果、元々の公方、関東管領(上杉)などの支配と争うことになる。
今川氏は足利氏の一門としての吉良氏、そして吉良氏の別れとして今川氏という家格である。

さて、今川氏は遠江に関心を持ち、その井伊谷にいた国人(地頭出身)の井伊氏と、長い年月にわたって、軋轢や友好関係を結んでいく。
戦国時代は近江が大国、次いで尾張と聞いていたが、この書で尾張57万石に対して三河29万石、駿河15万石、遠江26万石であることを知る。遠江は駿河より大国だ。

井伊氏は西遠江の国人として、奥平氏、菅沼氏(長篠)、菅沼氏(田峰)の山家三方衆や奥山氏らと浜名湖の上部に住む。このような国人盤踞の状況を説明する中で、後の井伊家家臣団の先祖のこともわかる。
そして井伊氏は代々次郞を通称としていて、史書に登場する。南北朝時代は南朝に与し、一度は没落する。戦国時代の前期に尾張守護の斯波氏に味方して、今川に攻められた時も破れ没落する。

今川が桶狭間で信長に負けるが、この時、今川義元は「尾張国の半国は今川の分国」という意識があり、要は自国領土拡大の為の出兵である。この時、井伊直盛が35歳で戦死。その娘が直虎である。直盛の従兄弟の直親が次を継ぐが、今川氏真に讒言されて、申し開きの途中に殺される。その子が直政である。

この過渡期に井伊直虎が登場するが、直虎の資料は少なく、女地頭としての行政的事務を行ったと書いている。

井伊直政は、一時松下姓を名乗る。徳川家康が今川氏真討伐で遠江に侵攻する。長篠の戦いの3ヶ月前に家康に目通りして、井伊姓に復姓させられる。以降、新参だが出世する。この理由に相川氏は井伊姓の持つブランド力が大きいとする。この後、直政に武田旧臣が服属させられて「赤備え」の軍団が誕生する。

直政は「赤鬼」と称せられるような勇将だが、関ヶ原の時の傷で42歳で死亡。その後、正室の子の直継が継ぐが、藩内の争いや、直継の病気で大坂の陣では、庶子の直孝が代官として出兵する。勇敢な戦いぶりで「夜叉」と呼ばれる。以降家光将軍の時代は元老として保科正之(家光弟)とともに支える。

そして幕末期に井伊直弼が藩主となる。桜田門外の変で彦根藩は直弼以下9人が死亡。13人が負傷。無傷なものは入獄処分されて文久2年に斬罪となる。藩主が討たれ、首を取られるという恥辱に彦根藩はよく耐えたものだ。
その後、彦根藩は減知となり、長州征伐の時は井伊直憲が19歳で赤備え凜々しく出陣するが、長州藩のミニエー銃によって惨敗する。ここでも徳川先陣の栄誉はずたずたにされる。

慶喜が将軍となると、仇敵水戸藩の縁者であり、さすがに嫌になり、家老新野親良が藩論をまとめ、新政府につく(大坂城には小隊を派遣するが)。
戊辰戦争後の恩賞では、薩摩、長州10万石、土佐は4万石、その次ぎが肥前、彦根が2万石という功績を認められる。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック