「戦国夜話」 本郷和人 著

著者は東大史料編纂所の教授だが、くだけた文章でわかりやすく書いている。「週刊新潮」に連載された「戦国武将のROE」というコラムに書いたものだから、このように書いているわけだ。
新鮮な視点で論じており、驚かされることも多い。足利時代までは日本は統一されていたという概念よりも、近畿一円は幕府の支配が及ぶが、他地域は各地の守護大名まかせ的だったと書く。天下統一の概念は信長、秀吉からだったと「まえがき」で語る。確かに、西洋の事情がわかって、このような発想が生まれたのかもしれない。

そして、戦国武将の出自、親戚関係も解明した上での推論は面白い。
細川幽斎は時流を読む達人だったと論ずる。足利家に近侍した三淵家に生まれ、細川家に養子に入り、足利家から信長に軸を移し、明智と親しくなり、息子の嫁にガラシャを娶る。しかし、本能寺では明智に味方せずに出家する。そして息子の忠興が自分の娘が嫁いでいた一色を討つのを容認するというわけだ。

なお忠興がガラシャを離縁しなかったのは、明智が勝った時の保険ではないかとも論じている。
関ヶ原の時は田辺城に籠城し、落城寸前の時に古今伝授が途絶えるとして朝廷が仲介。結果、開城になるが、戦後、息子は加増。この時に田辺城を包囲した西軍の武将は小野木重次以外は家康から許される。前田玄以の息子も攻撃軍だったが許される。前田玄以の娘が歌道の三条西家に嫁いでいる。みんな出来レースだったのではないかと書く。

細川ガラシャは自害ができなかったから、家来に突いて殺してもらったと伝わるが、考えてみれば、これも自害の一つの形体ではないかと言う。これはさておき、細川忠興はガラシャを殺そうとしたのではないかと書く。長男忠隆の嫁千世は前田家の娘、これが自害しないで逃げていることに激怒し、離縁しない忠隆を廃嫡している。これは徳川の為に前田との縁切りか。
ちなみに細川家は豊臣秀次から多額の借金をし、忠興とガラシャの長女は秀次の家老前野家に嫁ぐという近い関係だった。

前田家は利家夫人まつが、自ら江戸への人質になり、徳川家に忠義を示したと伝わるが、まつは実は親豊臣ではなかったか。関ヶ原の時、前田軍は大聖寺城を落とすが、以降は進撃を止め、金沢に帰還する。これは家中の統制に問題が生じた為である。北陸の小大名は皆、西軍につく。これは大谷義継あたりから前田家の内情を聞いていたからではないか。
利長の弟の利政は西軍派だが、戦後に能登を追われる。

慶長7年に前田家に内紛があり、横山長知が太田長知(まつの甥)を上意として誅殺。太田側には篠原(まつの実家)、村井(股肱の臣、息子はまつの六女、細川家を離縁された千世を娶る)、奥村(豊臣姓を秀吉からもらう)、中川(まつの次女の嫁ぎ先)が仲間という。すなわち、利政も含めて、まつの一派で親豊臣派を、親徳川派の利長、横山長知派が滅ぼした事件である。親徳川は利長、横山長知の他は本多(本多正信の次男が家祖)、長(能登の旧家)である。

上杉家では親豊臣は直江兼続、一方、親徳川方は藤田信吉であり、上杉家では親豊臣が勝ち、この結果、藤田が上杉から出奔せざるをえなくなる。徳川治下で大名になるが、後に廃絶。

足利6代将軍義教はくじ引きで選ばれるが、担当した三宝院満済(「満済准后日記」を残す)が八百長をしたとも書いている。
「朝倉宗滴話記」は人物批評は的確で、武士は「犬と言われようが、畜生と言われようが、勝つことが大事」という言葉など興味深いと評価している。

関ヶ原で負けた毛利輝元は自分の親戚にあたる内藤元盛に密命を与え、佐野道可と名前を変えて、大坂冬の陣の時に潜り込ませ加勢する。夏の陣で負けるが逃げて捕まる。道可は毛利家とは関係がない。あくまで自分の一存で大坂方についたとして自害。この時に輝元は薄情にも道可の息子を殺す。家が復活したのは30年以上後のこと。この顛末は「萩藩閥閲録」にある。

細川家も重臣の米田是季と細川興秋が大坂に入城。是季は落城後も生きる。また米田家は細川藩の重臣として残る。すなわち、幕府方のスパイではなかったか。(ほとぼりが冷めてから帰参させた)

この本が書いているように、関ヶ原の時はもちろん、大坂の陣の時でも、どちらが勝つかわからないということで保険をかけていた大名は多かったと思う。徳川の世になれば、すべて闇の中に葬るのが歴史だ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック