「刃文ー一千年の移ろいー」 於刀剣博物館

刀装具の大コレクターとお会いした後に、刀剣博物館に出向く。明石松平家伝来の国宝の来国行が展示。今の刀剣博物館は、国宝などが展示できない施設でもあるから建て替えを検討中と聞いたが、刀博自身が所蔵の国宝は展示できるとのことだ。
姿は堂々として、身幅も広めで立派な太刀だ。刃の焼きも高く、明るく、その刃文は直丁字刃というものだろう。日本刀の刃文では焼きのある程度高い直丁字刃(国行、二字国俊、長光、景光、私の兼光もそうだが)が私は一番の好みである。京都ものらしい逆足も入り、刃中良く働き、地鉄もよく詰んでさすがと感じられる良い御刀だ。

さて、今回は刃文を「直刃」、「互の目」、「丁字」、「のたれ」、「尖り刃」に分けて、それぞれに該当する刀を陳列してある。

「直刃」の中では新藤五国光の小沸の強い直刃、地沸も強い地鉄が魅力的である。無銘の行光は、腰元の映りの中に雲間のような明部があるのが面白い。なんと言うのだろうか。行光と言っても無銘だが、相州伝におけるこのような映りは沸映りとも言われるが。
真利の長巻き直し、青江と陳列があり、その次ぎが近江大掾忠広では時代が飛び過ぎで違和感がある。

「互の目」は兼氏の短刀。いかにも大志津で良いものだが、互の目刃の代表としては?である。正宗が「のたれ」で出品されていたが、兼氏や正宗は「乱れ刃」というジャンルを立てて、その代表の方が良いと思う。
ここでも吉井の正則の次ぎは、虎徹一振だけであり、近江大掾と言い、新刀は付け足しみたいだ。

「丁字」は備前の良いものが出ている。金象嵌銘の助真も華やかな刀だ。ここも鎌倉期の古刀から新刀に行き、それは多々良長幸一振りだ。「一千年の移ろい」という副題を付けているわけだから、末古刀を入れて、もう少し時代を追って欲しい。

「のたれ」になると、新刀の助廣が二振りも出ている。それに前述した正宗、そして南紀重国だ。池田権助の彫りがあり、都筑久太夫の為打ちの有名な脇差である。以前、展示で拝見した時より、刃が明るくて良く見える。ただ研ぎ直したわけではないと思う。物打ちの上に大きな錆がある。
展示品の錆、ヒケは他の刀でも観られたが、やはり感じの良いものではない。

「尖り刃」は兼元と薩摩の元平。

展示のテーマの割に、ちぐはぐ感が目立つ。

現代刀の宮入行平、月山貞一、隅谷正峯、大隅俊平が展示されていた。また藤代松雄師の小刀における研ぎ見本、柄巻き、ハバキの現代の名工の作品が展示されていた。研ぎの工程と、各工程における研ぎの状況は面白い。
これらの展示自体は良いのだが、展示のテーマの中では違和感を感じる。

今回の展示で良いのは刃文の見本を押形にしたパンフレットを造っていることだ。刀剣女子や外国の人などにも喜ばれるのではなかろうか。啓蒙に資すると思う。

刀装具は猿年にちなんで猿の図の小道具である。何かお手軽に作品を集めたような展示である。藤沢乙安氏が寄贈した拵が展示されていたが、豪華な名品である。これは猿とは無縁である。

なお刃文は、特に「互の目」、「丁字」は、人によってイメージが違うところがあるから厄介である。「丁字」は原義は頭が釘のように大きなものである。しかし、今はそこまで頭が大きくならない刃で、首が伸びているような「互の目」も「丁字」と呼ぶことが多い。「互の目」の山と谷が離れずに山から足が長く入るものを丁字足と言っている。

刀剣女子が5人ほど来場されていた。それにくっついた若い男が1人、あとは外国人の客が2人である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック