「三井家伝世の至宝」展 於三井記念美術館

三井家には刀剣の名品もあるが、これまではほとんど展示されてこなかった。それが今回は日向正宗、徳善院貞宗、加藤国広などの名品が展示されるという。
日向正宗は、美しい地景だ。輝きのある細い地景が地に繁く入り、それが刃中においては見事な金筋となって楽しませてくれる。刃は小沸出来で穏やかだが、刃文の調子は、大きな乱れ刃が間歇的に物打ちあたりに続くが、短刀だから、多く続くわけではない。島刃になっているところもあり、小沸が厚く散って見事である。地沸ももちろんある。棟焼きというか湯走りのようなものも存在している。帽子は丸いようだが、沸(にえ)ていて先が掃きかけているような感じもする。刃も白く、見事な御刀だ。三井記念美術館の方に謝らないといけないのは、熱心に観たからガラスケースに私の鼻の頭が付いて汚れてしまったことだ。それだけ魅力があったということでお許しいただきたい。

徳善院貞宗は健全だ。これも、物打ち上の棟寄りに棟焼きというか湯走りが出る。刃は焼きの高い、穏やかな感じの小乱れ刃だ。良く沸づいている。帽子は、掃きかけて、先が沸で煙る。梵字(不動)と鍬形付きの剣の彫りも感じの良いものだ。健全であるだけに新刀らしく感じてしまうが、手に取って拝見したいものだ。

加藤国広は、地が詰んでいて、肌立つところはない。刃は明るい沸出来だ。焼きが高いのが珍しい。箱刃や、台形状の刃、少し逆がかる刃もある。互の目は島刃になって飛び出る。直刃状のところの刃の明るさは、私の所有の国広とまったく同じような調子である。地に湯走りや飛び焼きもある。全体に刃を高く焼いているところと、詰んだ地鉄に国広離れしたところを感じる。もちろん、良い御刀である。

昨今は親国貞などに、棟焼きがあると、それを消すように依頼する者もいると聞いたが、相州伝のいいものは、地にも湯走り、飛び焼き、それが棟にかかることが多いのだ。

則宗は直刃調の長光のような刃で、元の方に腰刃というか、焼き刃土が脱落したのかはわからないが、異風な刃が混じる。

助真は、いかにも助真らしい刃である。蛙子丁字みたいな刃も混じり、華やかである。
薙刀の一文字は、特に華やかな一文字の丁字刃ではないが、それらしいものである。

日向正宗には頭が下がります。

さて、他の美術品の分野では、能面の若い女性の顔の「花の小面」、「おもかげー孫次郎」は美しい女性で魅力的である。その他に展示してある能面も軒並み重要文化財だ。さすがである。

絵では国宝の円山応挙の雪松図屏風の雪はふんわりしており、改めて見事だと思う。

茶道具の御茶碗もいい。私は三好長慶所持の粉引茶碗、奥高麗の深山路、黒楽といっても釉薬が無いような菖蒲と銘されている御茶碗などが好きだ。あとは、楽家三代の道入の赤楽茶碗「鵺」もいい。
志野の「卯の花墻」も、油滴天目もある。国宝、重文がゴロゴロ展だ。

その他の展示物では、聚楽第が描かれている屏風なども貴重なものだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック