「真田信繁 戦国乱世の終焉」 相川司 著

相川氏の新作である。来年の大河ドラマに向けて各社から多くの真田信繁(昔は幸村としていたが、最近は信繁が多い)の本が出ているようである。この本には当時の諱(いみな=忌み名:口に出すのに憚る名→当時は正確に伝わらなかった)のことも簡単に説明している。
この本は真田信繁がタイトルであるが、真田三代(幸隆→昌幸→信幸・信繁兄弟)のことを書いている。

相川氏の室町時代後期の関東に対するとらえ方はなるほどと思う。いつかは相川氏に関東における「応仁の乱」とでも言うべき「享徳の乱」のことを書いて欲しいと思う。

まず地理感覚から説明する。信濃国は東山道に属する国で西国の東端である。そして信濃国は層状の土地の「科」(段々畑の段のような土地)と「谷」、それに山麓に広がる平坦な小盆地の「平」からなる。こういう土地だから、統一しにくいとなる。

そして室町時代は京都と鎌倉の二元体制だったと言う。もちろん京都が上だが、鎌倉には尊氏の次男基氏を鎌倉公方(後に古河公方)として置き、関八州と伊豆、甲斐、それに陸奥、出羽の十二カ国を統治した。その関東の公方のNo2が関東管領である。その上杉氏が山内と扇谷に分かれる。その下に守護である。信濃は小笠原氏だったが中信地方を支配するだけだった。

この関八州に駿河から侵入したのが伊勢氏、後の北条氏であり、鎌倉幕府の執権の苗字にしたように関東統一を狙った。後に山内上杉氏から関東管領を譲られた上杉謙信も、責任感から何度も関東に出兵した。ちなみに徳川家康は新田氏の家系を強調して、関東支配の正当性をアピールしたわけだ。

まず甲斐を統一した武田信虎が扇谷上杉氏に与して信濃に侵入する。この時に真田幸隆は武田に属して信濃先方衆の一人になる。そして上野の沼田を攻略する。信州上田だけでなく、関八州の一角にも領地を得たわけである。

その後、上杉家の内紛の時に武田勝頼が上杉と組み、真田の相手は北条となる。北条は関八州の統一になみなみならぬ野心を持っていた。幸隆が死んで、真田信綱が継ぐが武田軍の一員として長篠の戦いで戦死する。次兄も死に昌幸が跡を継ぐ。真田昌幸は信繁の父であるが、戦国群雄の中で知謀で生き抜いた名将だが、「表裏比興の者」(抜け目がない者)と称されている。しかし、このように昌幸の動きが複雑になるのは、歴史を動かした者ではなく、歴史に動かされたからというのも、この通りだろう。

武田勝頼が滅んだ時に昌幸は織田方の滝川一益に属する。そこに本能寺の変である。真田は徳川家康に属して北条と戦う。上州沼田は豊臣、北条、徳川が合従連衡するたびに道具として使われる。徳川・北条同盟の時に沼田は勝手に北条の領土とされ、昌幸は上杉景勝につく。

これが、関ヶ原の戦いの時に、昌幸・信繁が上杉方についた理由である。一方、長男信幸は本多忠勝の娘を嫁にしており、徳川方となった。この時点で真田の家は沼田(信幸)、上田(昌幸・信繁)の2家であり、どちらかの存続を狙って両方に分かれたということではないと書く。

また相川氏は関ヶ原の戦いは、上杉と石田が気脈を通じて起こした戦いではなく、それぞれが別の戦いとみる。真田昌幸と信繁は上杉の戦い(関東管領、越後守護になる為の戦い)において、上杉方について戦ったとする。結果として徳川秀忠の攻撃をしのいで、秀忠の関ヶ原着到を遅らせたわけだ。

関ヶ原後に昌幸、信繁は高野山で蟄居させられる。金には困ったようだが、信幸などの援助を受けて、側室などを置いて暮らす。そして大坂の陣である。ここが真田信繁を有名にした戦いだが、その分、知られており、このブログでは割愛する。大坂城の寄せ集めの牢人同士での嫉妬などに悩んだことなどが書かれている。

室町時代の関東の所領高は石高ではなく、貫高で表されるが、この書で一貫=二石という概算値を知る。そして後北条氏は所領50貫の地侍に騎馬の武士1人、旗持1人、槍持2人、鉄砲持1人の計5人の軍役を課したことや、真田氏は本姓が滋野氏で、海野氏の一門だったことなどを知る。

私の趣味の刀剣の方で、幕末に松代藩の家老で、大慶直胤に注文を出した矢沢監物が知られているが、矢沢氏の先祖のこと(滋野三家の一つ根津氏の一族で真田幸隆の弟が継ぐ)も書かれており、なるほどと思った。

<相川氏の関東に関する本:「戦国・北条一族」に対しての私のブログ>
http://s.webry.info/sp/mirakudokuraku.at.webry.info/200912/article_1.html
<相川氏の関ヶ原の戦いに関する本:「石田三成」に対しての私のブログ>
http://s.webry.info/sp/mirakudokuraku.at.webry.info/201008/article_4.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック