「明治維新と幕臣」 門松秀樹 著

この本はなかなか読みにくい本であった。明治維新の新政府において、幕臣が薩長土肥に次いで大きなウェイトを占めている。しかし、幕臣は派閥を作って権力を操ろうというような動きはおこさず、テクノクラートとして、スムーズな革命=クーデター(諸外国の基準で「本格的革命」「暴動」「内乱」「クーデター」と分類した時)に寄与した。政権の構成員の交替や政治的分裂は少なく、混乱無く移行したと言うことだ。ただし明治維新の政策、政権運営方法は革命的である。

最初に、徳川幕府のはじめの方の政治体制から書いていく。これはこれで面白いのだが、本題の前書きとしては長いから、読みにくい一因と思う。
家康時代は天下人と少数の出頭人の政治。ただし、この体制だと、次代に前代の出頭人を交替する時にスムーズにはいかない。例えば宇都宮釣り天井事件などだ。そして将軍家光の頃に、老中以下の体制=武官が文官となって政治をしていく仕組みが確立するという。吉宗は幕府法令も整備した(公事方御定書)。
幕府機構が整備されると、幕臣のキャリア・パスも確立されてくる。また泰平が続くと、禄高がご恩と奉公の関係から、家が代々相続する財産のような感じになる。

勘定所は実力優先の登用だった。旗本の登竜門として目付があった。こういう役所は大身の旗本の下のノンキャリアが支えていた。町奉行所もそうである。

明治維新の動乱期の政治情勢も書いている。幕府の中は一橋派と南紀派の対立がある。阿部正弘は老中になったが、将軍家定の統治能力が疑問視されるので、広く意見を聞いたり、水戸斉昭の意見を聞いたりして決めようとするが、これが意見を聞かれた側の力を強くしてしまう。阿部は安政の改革と呼べるような制度変更をしている。人材登用や海軍伝習所や洋学所の設置だ。

井伊直弼暗殺後に、文久の改革がある。島津久光の言を入れて政事総裁職や将軍後見職を設ける、参勤交代を短縮したり、京都守護職も作る。

京都での一橋慶喜、会津、桑名は「一会桑」と呼ばれ、江戸幕府と距離が出てくる。幕府内部が一枚岩ではなくなるのだ。このようなところは知らなかった歴史で興味深い。
慶喜の改革が慶応の改革である。西洋化策でもあるが、効果が出る前に政権が崩壊する。

維新時に幕臣に対して朝臣となることへの呼びかけが行われた。慶喜もこれを認めた。西国に領地を持つ旗本などは朝臣になるものも出た。ただ、当然に肩身の狭いものだった。

維新後、有能な人材であれば登用するという姿勢を新政府は持つ。というか有能な人材が幕府に多かったから、それを登用した。こうして行政に混乱が少なく、新体制に移行できた。

この本の副題が「ノンキャリアの底力」であるように、幕府の知られざる維新の後継者に焦点を当てているから、ここからが本の主題だ。それら人物の固有名詞=人名が沢山出てくる。これも読み難いところである。

大隈重信は改正係に徳川家の渋沢栄一や前島密、赤松則良、杉浦謙、塩田三郎などを登用し、幅広い分野で制度を検討した。大久保利通の考え方は違うが伊藤博文、井上毅なども大隈と同じ立場で改正係を活用した。
北海道でも箱館奉行所の役人が実務をこなして、認められるようになる。北海道の事例は多く書かれている。

明治政府の高官になった旧幕臣の代表に榎本武揚、勝海舟がいて、福沢諭吉に批判されるが、彼らにとっては、自分が猟官運動をして得た地位ではなく、着実に仕事をしているだけで、権力を濫用するようなことはしていないと自負していたのではないか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック