「武士道の逆襲」 菅野覚明 著

武士道というと新渡戸稲造が英語で書いた名著『BUSHIDO,THE SOUL OF JAPAN』が有名で、これが武士道だと認識されているが、この高貴な忠君愛国道徳は明治になってから生まれた武士道であって本来の武士道とは違うと著者は言う。

江戸時代の武士道も、山鹿素行や大道寺友山の儒教的道徳の武士道(君子の道徳)と、中世以来の伝統を持つ山本常朝『葉隠』、大久保忠教『三河物語』の武士道(ごろつきの道徳)と分かれる。

明治武士道とは徴兵制の軍の思想統制の為に、西周が天皇への忠誠ということで軍人勅諭を作り上げる中で生まれた。天皇を頂点とする絶対の上下関係を基礎(礼儀)に、日本古来の性習として忠実で善良なるさまを活かしたものである。大和心への忠誠を求めたものである。
もう一つは、欧米が、日本にキリスト教が普及していないことによる道徳の欠如=未開・野蛮という主張に対して、新渡戸らが日本には古来武士道という道徳概念「義」があったことを強調した武士道である。

江戸時代のごろつき的道徳の武士道は、本来の武士道だが、弓箭の道、弓馬の道であって、一所懸命の言葉にあるように、自分の土地を武力で命がけで守る精神である。武力=力づくで所領を奪い、守ることを源流にしている。

武士は戦闘を業とする者である。戦って所領を奪う目的の中で、共に戦うのが家族、一族郎党である。そして協力関係の中で主従関係が生まれる。
ここでは、実力の世界だから言葉の説明よりも行動した結果が大切となる。証拠主義である。ウソをつかないことも大事だが、それはウソが道徳的に悪いからではなく、ウソをつくような人間には自分の命も預けられないからである。

勝つことこそが大事である。勝てば名がついてくる。勝てば官軍である。義など関係ない。自分の力で勝ち取ることができずに、負ければ死ぬだけ。忠とか孝は関係なく、死に狂いで切りかかっていく精神。

主君は自分よりも総合的に強い者。自分の所領を共に守ってくれた恩人。その強い主君から発せられる溢れるような情に感激して主君の為にと思い、恩返しするという私的な感情が忠と称されることになる。

刀は人を切り殺すもの。それを帯刀しているということは武士は刀を抜くことが前提だということ。だから常に人を切る心を持っていることが大事。だから抜くべき時に抜かないのは男道に反すること。何事も堪忍するようではダメ。言葉で戦うことも武士は大事となる。
こういう心懸けで生きるとは、毎日、死を前提にして日常を過ごしておくこと。

こういう生活の中では、主君に諫言することは一番鑓にまさるとも言われる。勝負は時の運だから勝つこともある。しかし、諫言は十の内九は危ない勝負であり、それでも主君の為に言うのは死と汚名を覚悟する必要があるということ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック