「館蔵名刀展 同時開催 幕末金工の美」 於刀剣博物館

刀剣博物館の館蔵の御刀だから、何度か拝見しているものも多い。今回、驚いたのは金象嵌銘の助真の太刀だ。福岡一文字のような丁字刃が見事で、刃も明るく、良い御刀だ。匂の中で、どこまで沸づいているかは確認ができないが、刃は守家、福岡一文字のようだ。姿は豪壮である。驚いたのは、そこの彫りだ。確かに相州風の彫りで3つほどが重ねて彫ってある。なるほど鎌倉一文字だ。

無銘の福岡一文字の御刀も陳列されていたが、こちらは逆がかる丁字刃が目に付き、私などは片山一文字と思うのだが、どこかに極めのポイントがあるのであろう。

来国俊で元亨元年紀の重要美術品もいい。地鉄において細かい地沸が全面に付いて梨子肌のようだ。京物だと改めて思う。

国宝の龍門延吉の太刀。これは刀博の看板でもある。後水尾天皇の差料とのことだが、この天皇は修学院離宮を造った天皇であり、修学院離宮に出向くと雄大な美意識を感じるが、その天皇の差料と思うと感慨も深くなる。

国宝の当麻国行も刃が明るく、手に取って拝見できたら、沸の美しさが堪能できるのだろうが。相州行光は銘字の通り字、作風から、この系統ではなかろうか。

重要文化財の志津兼氏の短刀も、銘は大振りだが短刀は小振りのものだ。沸が美しく、地鉄における地景も楽しそうな短刀だ。こういう相州伝は在銘だし、信頼できるものだ。そして持ってみたいものだ。

武蔵正宗は、いつも拝見するが、あまり感心はしないのだが、今日は地鉄はなるほどと思った。やはり地鉄は面白く、正宗の極めもなるほどと思う。ただ刃がもう少し明るくならないのかと思う。また、姿は正宗の時代より後の南北朝時代かなとも感じる。

重文の二王清綱の短刀は、青江に入れてしまうだろう。

新刀も名品だが、町の中の刀屋さんでも観られないこともない。しかし、古刀のこのクラスは観ることはできない。拝観に当たっての照明も刀剣博物館だけあり、見やすい。ただ小道具はもう少し明るくてもいい。場所によって差がある。

幕末金工は、一乗、夏雄、清寿に勝珉一門である。陳列品はよく拝見するものが多い。もちろん名品なのだが、学芸員がいるのだから、もう少し品物を集める努力をして欲しいと思う。
夏雄の馬の立て小柄が凄い。今回は夏雄の蓬莱山という画題の鐔が珍しい。表と裏で空に日(太陽)と月を彫っているようだが、なるほどと思う。夏雄にこのような作品があるのかと認識を新たにした。

勝珉の葉鶏頭の小柄、この手の図の彫り方は、彼の独創で魅力的である。色金の使い方をもう少し工夫すれば、もっと魅力が増すだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック