「国芳」 岩切友里子 著

浮世絵師の歌川国芳の生涯や、主な作品を紹介している。新書での本であるが、カラーで図版を入れている。
私は広重の『名所江戸百景』シリーズが好きでコレクションもしているが、国芳には面白い絵がある。風景画も洋風な感じもして魅力的であるが、広重に比べると価格が高い。また猫の戯画、人体を使って顔に構成した絵、いたずら書きをしたような絵など非常に面白いが、価格はやはり高い。価格の高さは国芳の世評が高い為でもあるし、風景画などは広重に比べて、摺られた枚数が少ないという面があると聞いた。

国芳は武者絵が有名だが、この本の表紙に使っている「坂田怪童丸」の絵などは、純粋な武者絵でも無いが、力強い子供の裸体が逞しく、彼が掴むというかしがみついている大きな鯉、水しぶきなどの水の表現の面白さなど傑作の一枚だ。

国芳は寛政9年(1797)に生まれ、文久元年(1861)に逝去する。父は染物をやっていたようだ。歌川豊国の弟子となる。国芳はいかにも江戸っ子という人物だったようで、職人の「きおい」を持っている男で鳶職人の服装などを好んだようだ。「きおい」とは弱きを助け、強きをくじくような気っぷの良さを持つ男だ。
梅屋鶴寿という狂歌師と生涯にわたって親交を結ぶ。

水滸伝を題材にした画(これは武者絵)で人気になる。これで江戸で国芳の絵のような入れ墨が流行ったようだ。

国芳は先人の絵や西洋の絵などからも構図などを学んでいた。「坂田怪童丸」の絵などは勝川春亭に同様な構図の絵があり、それを参考にしたようだ。
洋風の風景画もすばらしいが、これはオランダの『東西海陸紀行』の銅版挿絵の影響があるようで、「忠臣蔵十一段目夜討之図」など、本当によく似ている。

天保の改革の時は、絵にも厳しい検閲が加えられた。その中で、国芳の絵にはその改革を風刺した見立てがあるとして人気になったようだ。

猫が好きで、猫も版画に多く取り入れられている。五十三次の宿場を猫に関係のあるもので描いた図など面白い。

落書き風の絵としては「荷宝藏壁のむだ書」など、タッチもおもしろく、大したものだと思う。一度、浮世絵商で保存の悪いものが出たことがあるが、安くはなかった。

大きな魚や、骸骨を描き、それも三枚続きの大きな版画にしたものも魅力的である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック