「関東戦国史と御館の乱」 伊東潤 乃至政彦 著

「御館(おたて)の乱」とは、上杉謙信が亡くなったあとに、その跡目を上杉景勝と上杉景虎が争った戦闘である。著者達は、関東の戦国史において、この乱の位置づけが大きいと説く。それは上杉景虎の方が勝てば、上杉と北条、それに武田の三国同盟が成り立ち、織田・豊臣・徳川に対抗でき、歴史が変わっていたのではないかという視点である。「本能寺の変なかりせば」と同様な空想であり、私は、この視点については論じない。ただ、この乱の実態を知ることで、織田信長の中央集権的政権が主流となる中で、国人領主連合的政権の限界を改めて感じたことは収穫であった。

北条早雲(伊勢新九郎)らの戦国第一世代が室町幕府体制の破壊。武田信玄、北条氏康、上杉謙信らの戦国第二世代が、国人領主、土豪連合の盟主で地域主権の確立、そして信長、秀吉、家康の戦国第三世代というわけである。御館の乱で敗北した景虎は第二世代の残像を引きずっており、勝利した景勝は第三世代的行動の中で生きられた(直江兼続などの腹心の力も大きい)ということだ。

御館の乱の勃発については、当初から景勝と景虎に反目があったわけではないとする。景勝は謙信に敵対していた長尾政景の次男であった。景虎は北条氏康から上杉謙信の元に入った養子である。しかし、氏康が亡くなると氏政は上杉とは協力的でなくなり、それに伴い景虎の立場は弱くなり、景勝が実質的な後継者という形にはなっていった。しかし、それは景虎の子の道満丸(母は景勝の妹か姉)が、ゆくゆくは上杉の跡目を継ぐということだったと著者は推論している。

景勝は、信長的と言うか、領主の独裁権力をより強くして、戦国の世を渡っていこうとした武将である。武田勝頼もそうである。この為、家臣(=国人領主。これまでは国人領主たちの連合の上に立って統治のスタイル)に強圧的な面もあった。謙信死後に会津勢が侵略しそうになると、国境の神余(かなまり)親綱は独断で領民から証人を徴発した。実際、この後に会津勢は侵入するが、景勝は神余が独断でやったことを咎めた。それに前代の国人領主的な発想の神余が反発。それから2つに分かれて戦うことになる。

戦闘では景虎側の北条(きたじょう)景広のような勇将もいたが、概して景勝側が強い。しかし、景虎は実家の北条氏政と武田勝頼(武田勝頼は北条氏政の妹=景虎の妹を正室にしている)を誘い、圧力を加え、一時は有力となる。
これに対して景勝は武田勝頼に働きかけ、自分と景虎との和睦の斡旋という名目で兵を退くことを依頼する。お礼にも目がくらんだ勝頼は、これを受ける。勝頼は長篠の戦い以降、織田・徳川の圧迫を受けており、景勝の提案に乗る。武田勝頼は、この結果、北条との関係も悪化して滅亡することになる。
北条軍は、雪が降ると関東に帰ることになり、その間に景虎は滅ぶ。

道満丸も、旧主筋の上杉憲政、その子憲藤も景勝によって滅ぼされる。

この後、景勝は織田信長・豊臣秀吉型の中央集権型を目指すから、子飼いの直江兼続などの側近を重用する。それに越後の国人は反発をし、新発田重家などが反乱する。一方で信長の圧力(柴田勝家)で苦境を迎えるが、本能寺の変で救われ、豊臣秀吉に従うという幸運で生き延びる。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 合戦における戦術について⑩御館の乱

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第10弾ということで「御館の乱」について書きます。『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の花ヶ前盛明氏の.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2019-03-31 20:04