「北斎 ボストン美術館 浮世絵名品展」 於上野の森美術館

北斎の浮世絵だから、有名なものの大半は見たことがあるものだが、その保存の良さ、摺りの良さはさすがにボストン美術館である。巷の浮世絵商で拝見すると、褪色していたり、中折れがあったりが大半だが、そういうのが無いのは素晴らしい。具体的に言うと、紫色、水色が残っているのは感心する。赤もきれいである。名品のボストンへの流出を嘆くよりも、ボストンで保管してもらっていたことに心底感謝したい。

北斎の若い時、春朗の時代の絵は、どの浮世絵師が画いても同じようなものだと思う。今回、北斎が洋風の遠近感を勉強して浮絵、洋風版画みたいな絵を描いていたこと、現物で教えてもらったが「なるほど」と思う。

あと面白いのは文字(平仮名)を絵の輪郭線に使った浮世絵ー六歌仙シリーズは、その平仮名の線の太さ、痩せ具合の変化が面白かった。

絵の素晴らしさは有名な富嶽三十六景シリーズの「神奈川沖浪裏」、「凱風快晴」が、このシリーズの中でも群を抜いている。それに瀧シリーズは、いずれも素晴らしい。水流の表現における北斎は凄いと思う。

お化けの百物語は絵の着想が面白い(これが北斎の独創かどうかは確認していないが)。このシリーズは色が奇麗である。版元が違うのあろうか。

また摺物は絵の面白さはないが、丁寧な彫りと摺りで美しい。団扇絵の鯉の絵もステキである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック