新広東料理 チャイナブルー

銀婚式のお祝いで家族で汐留のコンラッド東京の28階にある新広東料理のレストラン「チャイナブルー」で食事する。眺めも良いところだ。台湾でヌーベル・チャイニーズ(新中華料理)の美味を知っているから楽しみに出かけた。
コース料理を頼んだが、薬膳系というか、東南アジア風と言うべきか、さわやかなハーブの香りがするような料理で、魚の浮き袋とか、料理の仕方などに驚きがあり、しかも腹に重くない美味しい料理だった。
クレープの皮が下にあり、レタスと香ばしく焼き上げた鴨肉を、そのクレープで包んで食べる料理は、確かに北京ダック風の食感の変化があった。フカヒレとか魚の浮き袋やシメジなどと一緒にココナッツの皮(のどに良いらしい)も入れて煮込んだスープもなかなかに美味。湯葉を春巻きの皮のようにして、それに白身の魚を包んで揚げて、スパイスの利いた3種類の香辛料と一緒に食べるのも、あっさりしながら、その香辛料も味わえて面白い。アワビを蒸したものが、自家製の豆腐の上にある料理も、アワビが非常に柔らかく、驚いた。
しゃぶしゃぶ風の麺も変わっている。
各料理とも味の調子が同じような感じであった。だから、今度来る時は、アラカルトで2品程度を頼むのも。美味しく食事できる方法かと思った。そのアラカルトも、色々な種類があって楽しそうである。
デザート含めて結構食べたが、翌朝はいつもよりおなかがすっきりの感じがしたから、身体に良いのだろう。

帰りはカレッタ汐留で、海をテーマにした青のイルミネーションを楽しんだ。
チャイナブルーに青のイルミネーション、青い夜だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック