ウィーン少年合唱団のコンサート、ホテルオークラのスターライト

名古屋に赴任中の娘が帰宅。家族でサントリーホールのウィーン少年合唱団のコンサートに出向く。サントリーホールの大ホールははじめてだが、立派な施設だ。座席表を見て、2階左のバルコニーのような席にしてみた。上からホールが俯瞰できて楽しかった。音楽に詳しい知人によると、このホールは2階席の方が響きが良くて好きだとおっしゃっていた。2階正面の席のことだと思うが。
若い子の高音の音色は美しい。昔、娘の女子校の卒業式で生徒全員が歌う「蛍の光」、「仰げば尊し」を聞いた時に、女子高生の美しい声に感動したことがあるが高い澄んだ声は確かに天使に近い。
サウンドオブミュージックから「エーデルワイス」など3曲を歌ったが、いい歌であり、歌もそうだが、改めて、あの映画のすばらしさを感じた。
家にワルツのCDがあるが「オーストリアの村つばめ」。私は音楽的素養がないが、ワルツなのに、彼らが歌うと、そんな感じもしなかった。
同様に、ビートルズの「レット・イット・ビー」やジョン・レノンの「イマジン」もビートルズとはだいぶイメージが異なる。アンコールでの世界で一つだけの花も従来のイメージとは異なって聞こえたから、同じようなことなのだと思う。もちろん、悪い感じではなく、さずがである。
合唱団には日本人やアジア人と思われる少年もおり、なるほど、時代だなと感じた。
このあとはホテルオークラに行き、「10カ国大使婦人のガーデニング」の展覧会を観る。ただ綺麗な花を並べただけという感じではあるが、美しい花、甘美な香りが満ちていた。熱帯の国は蘭、ハイビスカスなどがきれい。また季節柄、バラ、ボタン、藤も見事でした。
11階のチャイニーズレストランのスターライトで食事。フォアグラの茶碗蒸しふかのひれソースは美味。黙って一生懸命食べてしまった。海鮮と野菜の香り揚げ スパイシー仕立ては、天ぷらともフライとも違う感じの揚げ方で美味しい。若鶏の蓮の葉包み 香り蒸しは鳥肉が大きすぎる感じがしたが、ちまき風のご飯は好きな味だ。蓮の葉っぱについたご飯を一生懸命にさらった。ズワイガニの二種ソースの一つはエビチリ風、他はオイスターソース風だが黒豆でつくったソース。葱そばは汁が美味。またデザートはどれでも好きなだけとのことで、薬膳風のゼリーやマンゴープリンや、ケーキなどみな美味しく、息子は6種類ぐらい食べていた。

ウィーン少年合唱団は

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック