観楽読楽−観て楽しみ、読んで楽しむー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「歴史のなかの大地動乱」 保立道久 著

<<   作成日時 : 2017/09/02 10:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

副題に「奈良・平安の地震と天皇」とあるように、この時代の天変地異(地震、火山)と、それを祟りの一つと感じた天皇の行動を書いている。歴史学者であり、当時の史料を読んで、天皇、宮廷の動きに詳しい。
著者も2011年の東日本大震災に触発されて書いたと「はじめに」にあり、陸奥貞観大地震を含む、8、9世紀の大地動乱の時代を、現代に置き換えると参考になる。ちなみに以下は869年の陸奥貞観地震を中心にして、その前後の地震、噴火を整理したものである。

863年 越中・越後地震(M7以上)
864年 富士山噴火(最大の噴火)
864年 阿蘇神霊池噴火
867年 豊後鶴見岳噴火
867年 阿蘇山噴火
868年 播磨地震(M7以上)
868年 京都群発地震
869年 ●陸奥海溝地震(M8.3、貞観大地震、大津波)
869年 肥後地震(まだ推定されていないがM7以上か)
869年 大和地震
869年 出羽鳥海山噴火(大規模)
874年 薩摩開聞岳噴火
878年 南関東地震
880年 出雲地震
880年 京都群発地震
885年 薩摩開聞岳噴火(大爆発)
886年 伊豆新島噴火
887年 南海・東海地震(M8〜8.5)
915年 十和田大噴火

これを見ると、肥後(熊本)の地震とも近い。東日本大震災のあとに次のように熊本地震があり、何か不気味である。

1995年 阪神淡路大震災(M7.3)
2011年 ●東日本大地震(M9.0)
2013年〜伊豆諸島西之島大噴火
2014年 木曽の御嶽山噴火
2016年 熊本地震(震度7の地震を2回)

当時は、これらの天変地異にあわせて、天皇を中心に祈祷したり、退位をしたり、寺社を作ったりしている。866年には応天門の変が生じており、この怨霊も鎮められている。
ちなみに、地震が無いとされる朝鮮半島でも870年に新羅の王都慶州で地震があり、以降870年代に3回地震があって947年に白頭山が大噴火している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「歴史のなかの大地動乱」 保立道久 著 観楽読楽−観て楽しみ、読んで楽しむー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる